よくある質問

「大自然のスーパーフード」 の名をほしいままにするAVANZAアボカドは、応用がきく上に、舌の上でとろけるような滑らかさも極上です。「よくある質問」をお読みになり、アボカドとその効用を知りましょう。

召し上がる前に

食べごろのアボカドの見分け方は?
日本に輸入されるハス種のアボカドは、皮が紫がかった茶色になったら食べごろです。実を押してみる必要はありません。

アボカドを熟成させる方法は?
アボカドは室温で熟成しますが、熟成を早めるには、バナナやリンゴと一緒に紙袋に入れておきます。バナナやリンゴは熟成を早めるエチレンという気体を発するためです。

アボカドの保存方法は?
食べごろになったアボカドは、まだ切っていない場合は冷蔵庫で数日保存できます。切ってある場合は、変色を防ぐため切り口にレモン汁や酢をかけるか、潰してピュレー状にしたものにレモン汁をかけて冷凍します。

アボカドの切り口を変色させない方法は?
切ったばかりのアボカドの酸化を防ぐ方法はいろいろありますが、密閉型の容器に入れる、レモン汁をかける、ラップをかける、などがよいでしょう。

召し上がり方

赤ちゃんはいつごろからアボカドを食べられますか?
アボカドは、風味・舌触り・栄養の点で、赤ちゃんの初めての離乳食として最適です。滑らかでクリーミーな舌触り、優しい味、そして栄養豊富なアボカドは、赤ちゃんが安心して最初に食べられる果実のひとつです。カロリーがあり、ヘルシーな油脂をたっぷりと含み、一緒に食べた食品中の脂溶性ビタミン (A、D、E、K) の消化を助けます。

妊娠中もアボカドを食べられますか?
はい、もちろん!妊娠中に欠かせない葉酸を豊富に含むアボカドは、ヘルシーな成長に必要となるだけでなく、あらゆる年齢の方にお召し上がりいただけます。

健康と栄養

アボカドは体に良いのでしょうか?
ビタミンや植物栄養素など、20種類近い栄養素を含むアボカドは、ヘルシーな食生活で大活躍。また、体に良い一価不飽和脂肪が豊富でコレステロールがゼロ、しかも自然が生んだ低糖・低塩の食品です。

アボカドを肌や髪に使えますか?
アボカドの果実やオイルは、ヘアマスクやスキンマスクとして使っても非常に効果的です。乾燥した髪を修復し、肌に潤いを取り戻します。

一般的な質問

アボカドはフルーツ?それとも野菜?
アボカドはよく野菜と混同されますが、実際はフルーツであり、より正確には「漿果 (しょうか)」といいます。20近い栄養素を含み低糖のため最も体に良いフルーツのひとつに数えられるほか、タンパク質を含む希少なフルーツのひとつでもあります。

ニュージーランドではどこでアボカドを栽培していますか?
AVANZA アボカドはすべてがニュージーランド産です。主な産地はノースランドとベイ・オブ・プレンティで、8月から2月にかけて輸出されます。

季節によりアボカドの供給量が違うのはなぜ?
アボカドの成長は二年サイクルのため、季節により収穫量が変わるほか、豊作の翌年は不作となります。